おまとめローンで一本化

これまでキャッシングを続けているかたのなかには、複数社からの借入をしてしまい、返済に追われるといった毎日が続いているかたもおられます。
そういったことを解消するための商品として「おまとめローン」があります。

 

「おまとめローンとは」

名前に通り、複数の借入を金利の低いローンに一本化するということで、「おまとめローン」は消費者金融や銀行カードローンでも申込ができます。
おまとめローンは今まで支払ってきた金利よりも低い金利のキャッシングに借り換えることで、利息を減らせます。
利息が減るということは総支払い返済額が少なくなりますし、月々の返済額を減らすことができる場合もあります。
「総支払い返済額を減らしたい」「複数の返済日を1日にまとめたい」というかたは、おまとめローンを検討してみるのも一つの方法だと思います。

 

「消費者金融のおまとめローン」

消費者金融のキャッシングは総量規制で融資限度額は年収の3分の1以内と制限がありますが、総量規制には「例外項目」があります。
「例外項目」とは総量規制の対象にならないということで、その中には「顧客に一方的有利となる借換え」という項目があります。
これは、一方的有利になる借り換えは年収の3分の1をこえていても、超えた部分について返済ができると判断した場合は貸してもよいということで、おまとめローンを利用するのなら年収の3分の1以上でも審査に通れば貸してもよいということで、消費者金融の「アイフル」「アコム」「プロミス」などで扱っています。
またSMBCコンシュマーファイナンスの「プロミス」「アコム」は店舗や店頭窓口からの申込だけになりますが、「アイフル」はインターネットからの申込ができます。

 

「銀行カードローンでおまとめ」

銀行カードローンは総量規制の対象外になるので、融資限度額は年収による制限がありません。
ですから、年収に関係なく融資ができるので、銀行カードローンの場合は「おまとめローン」として商品があるのは一部の銀行カードローンになります。
銀行カードローンで「おまとめローン」としての商品があるのはイオン銀行や東京スター銀行などで用意されています。
多くの銀行カードローンが有るなかで、おまとめローンの商品が少ないのは、銀行カードローンは金利を低く、高額融資ができるので一般カードローンでもおまとめに利用できるので、多くの銀行カードローンは「おまとめローン」といった商品をそろえる必要がありません。

 

おまとめローンは借入金額が大きくなるので、審査はきびしくなります。
しかし、現在キャッシングの返済が苦しいと感じているのであれば、おまとめローン入門書を参考におまとめローンを考えてみてはどうでしょうか。

おまとめで失敗しないために

おまとめローンは、キャッシングの返済に苦しいと感じているかたにとってまとめられれば多くのメリットが有ります。
そのためには「借り換えたことでどれくらい得になるのか」を考えて申込をする必要があります。

 

「おまとめを選ぶ前におさえておきたいこと」
おまとめを利用すると利用前と利用後はどれくらい得になるのかを考えるとき、事前に確認しておくことがあります。
○総返済額がいくらなのか。
○何社かからそれぞれいくら借りているのか。
○それぞれの利用金利。
○各社の返済日。
○各社へ毎月いくらずつへんさいしているのか。
というように現在の借入状況を書き出して明確にしておきます。

 

「おまとめでどう変えたいのか」

現況がわかれば続いて、おまとめをどう利用したいのかという目標を明確にします。
たとえば、「少しでも早く完済したい」とか「毎月返済を楽にしたい」という場合があると思いますが、少しでも早く完済したい場合は「低金利のローン」や「返済回数を決める」ということになります。
毎月返済を楽にしたいという目的の場合は「低金利のローン」「毎月返済額が少ないところ」を選ぶということになります。

 

「毎月どれくらい返せるかが重要」

しかし、目的が決まったとしても、肝心なのは「毎月どれくらいまでなら返済できるのか」ということです。
早く完済したいと思っても返済に無理が生じるとながくは続きません。
そのためにも「返済シミュレーション」を利用するのが一番です。
返済シミュレーションは、どれくらいのお金を借りると毎月どれくらいになるのかとか、借りた金の返済期間を決めると毎月どれくらいの返済になるのかなどが具体的にわかりますので、自分の収入でどれくらいの返済ができるのかを知ることも重要です。

 

「借入件数が多い場合の対処法」

おまとめローンに限らず、借入件数が一定以上の借入れ年数があると融資を受けること自体が難しくなります。
そういった場合「プチおまとめ」という方法があります。
たとえば借入件数が5社あるとして、3社にまとめなければおまとめが申し込めないという場合、借入の一部をまとめる「ぷちおまとめ」で借入件数を減らすことができます。
この方法は、正直に借入件数を記入して申込をします。
申込をしたあと、申込先のキャッシング会社へ電話を入れて「おまとめとして利用したい」と申し出ることで借入件数を減らすことができます。
キャッシング会社は、信用情報機関の個人情報からどこでいくら借りているのかがわかりますので、正直な借入件数と金額を書くことが重要です。